ペイントホームズ
福島店

美しさと高級感を極める全艶塗料の特徴を知って外壁の魅力を引き立てよう

外壁塗装において、最も輝きを放つ塗料の一つが「全艶塗料」です。別名、「ツヤあり塗料」とも呼ばれるこの種類の塗料は、その光沢感が特徴であり、外観に高級感と美しさを与えます。

今回のお話では、全艶塗料の定義や特徴、メリット、デメリットについて詳しく掘り下げてみましょう。

1・定義と見た目

全艶塗料は、ツヤありまたは全艶と呼ばれ、外壁塗装において最もツヤのあるタイプの塗料です。新築時のような輝きを再現でき、建物全体を引き立て、視覚効果を高めます。外壁の凹凸やデザインが際立ち、立体感を一層際立たせる効果があります。

2・人気度

特に新しい建物やモダンなデザインの住宅において、全艶塗料は非常に人気があります。その高級感と美しさから、多くの人が外壁に全艶塗料を選択しています。

3・メリット

・耐候性・耐久性が高い: 艶消し材が配合されていないため、表面が滑らかで汚れがつきにくく、雨などでの洗浄が効果的です。

・長期間美しい外観を維持: 耐久性があり、表面のなめらかさが持続するため、美しい外観を長期間維持できます。

4・デメリット

・ツヤの消失: 経年により2~3年でツヤが消えてしまうというデメリットがあります。ツヤを取り戻すには、再塗装が必要となります。

・調和が難しい: ギラギラと反射する特性があるため、周囲の住宅や環境との調和が難しいことがあります。

 

全艶塗料は、その光沢感と美しさから多くの方に愛用されていますが、適切なメンテナンスや周囲とのバランスを考慮することが大切です。外壁の特性や個々の好みに応じて、全艶塗料を選ぶ際は慎重に検討することが重要です。