ペイントホームズ
福島店

魅力が豊富な艶有り塗料のいいところをご紹介

新築時の輝きを演出してくれる【艶有り】塗料のメリットは沢山あります。今回はその魅力についてお伝えしますので、是非参考にされて下さい。

外壁塗装において【艶】とは輝いて見える光沢のことです。艶有り塗料には、外壁に光沢を与えるという特徴があります。

 

艶有り塗料は艶の程度によって、5段階に分けられます。

光の反射率は、60度の角度から100%の光を塗装面に反射させ、その後どの程度の光を保持するかを示す指標です。通常、光の反射率は5つの段階に分かれており、艶の段階となります。

反射率70%:艶有(全艶) 反射率55~65%:7分艶 反射率30~40%:5分艶(半艶)

反射率10~20%:3分艶 反射率~5%:艶無し

 

艶有り塗料のメリット

艶ありの塗料を使用すると、外壁が光を反射し、ツヤツヤと輝く特徴が最大の魅力です。この光沢があるため、建てられたばかりの新築のような印象を与えることができます。

艶のある外壁は、表面が滑らかで水はけが良いため、汚れが付着しにくく、コケやカビの発生も抑えられます。艶が増すほど、表面はより滑らかになり、防水性が向上し、埃などの汚れが付きにくくなります。その結果、カビやコケも付着しにくい外壁に仕上がります。艶のある外壁は、サイディング外壁などの凹凸を際立たせ、立体感を引き立たせる効果があります。添加剤を混ぜずに塗料を使用することで、塗料が本来持つ性能を最大限に発揮できます。そのため、塗料の本来の色が出易く、予想通りの色味で仕上げることができます。

 

このように、艶有り塗料にはたくさんのメリットがあります。最終的には見た目の好みも重要にはなりますが、塗料の特徴を理解して上手に塗料を選びましょう。