前回は水性塗料についてお話ししました。扱いやすく環境にも良い塗料です。今回はそんな水性塗料が使われているものや油性塗料との違いをお伝えしていこうと思います。

●水性塗料が良く使われる例

水性塗料は臭いが少なく周囲への影響を大幅に削減できることが特徴的であるため室内塗装や床の仕上げなどに使われます。もちろん外壁塗装にも適しており環境に優しい上耐久性もあり現在主流の塗料になっています。

乾燥までに時間はかかることなく様々な用途で使用できます。

水性塗料と油性塗料の違い

〇耐久性

水性:室内、屋外どちらとも適していますが耐久性や防水性は油性より劣ります。

油性:屋外塗装に適しており高い耐久性と防水性があります。

〇乾燥時間

水性:一定の時間で乾燥し時間がかからないことが特徴です。

油性:乾燥に時間がかかり場合によっては1日では乾燥しないことがあります。

〇塗膜の硬さ、頑丈さ

水性:塗膜は柔らかくひび割れしにくいが油性と比べ頑丈ではありません。

油性:塗膜は固く外部からの刺激に強いものとなります。ダメージを受けにくい塗膜を形成します。

〇艶の持続と変色

水性:変色しづらく艶が長持ちします。特に白色は変色しづらいです。

油性:白色などが黄色く変色しやすくなっています。

ここまで水性塗料の用途と油性塗料との違いを比較しました。水性塗料は油性ほど強い塗膜ではありませんが様々な用途に使え周りに影響が少ない優しいものになります。油性か水性で迷われているのであれば比較して家に合う塗料を選ぶと良いでしょう。