前回春の塗装工事についてメリットとデメリットをお伝えしました。今回は夏についてです。夏は気温が高く塗料の乾燥が早い季節であり日照時間が最も長いことから施工期間を短縮しやすくなっています。

<夏の塗装のメリット>

〇塗料が乾燥しやすい→暖かい気温と湿度が低いため塗料が乾燥しやすく作業の効率を良くする傾向があります。1つ1つの工程を早く進めるのに適しています。

〇天気の安定→突然雨が降ったり夕立が降る季節ではありますが基本的天気が安定しており、作業の中断などが少ない季節になります。

〇工事期間の短縮→他の季節と比べ日照時間が1番長く1日の作業も長時間出来ます。施工期間も早めに終わりやすくなっています。

<夏の塗装のデメリット>

△色ムラが出来やすい→メリットでもお伝えしていますが高温のため塗料の乾燥が早いことは逆にデメリットでもあります。乾燥が早すぎた場合色ムラが出やすくなっており仕上がりに影響が出る可能性もあります。

△塗料の粘度の変化→夏は塗料の粘度が変化しやすく均一に塗りにくいことから塗料の流れや伸びに影響を与えることがあります。

ここまで夏の塗装についてご紹介しました。夏の塗装もメリットが多いことから人気の季節ではないでしょうか?次回秋の塗装についてご紹介します。