塗り替えのサインとしてよく挙げられるのがチョーキングという症状です。チョーキングとは外壁が劣化して触ると白い粉が付くのが特徴です。

塗膜があったはずなのにどうして白い粉が?この粉の正体は一体何なのか?と疑問に思ったことはありませんか?今回はチョーキングについてご説明します。

<粉の正体>

チョーキング現象が起こった時に出てくる粉の正体は塗料に含まれている顔料です。塗装したての塗膜には顔料の周りに樹脂が覆うように出来ており、紫外線から守ってくれ雨水を通さない防水効果があります。

ですが月日が経つと紫外線が水を弾く樹脂を分解し、その結果顔料が残され粉状になりチョーキング現象を起こしている状態です。

●チョーキングが引き起こすトラブル

・症状の悪化→防水効果が失われているため外壁が紫外線にさらされやすくなり雨水を吸ってしまうため外壁材が脆くなることがあります。

・カビ、苔の繁殖→外壁が水を吸いやすくなっているためジメジメした場所を好むカビや苔が発生しやすくなります。

・無駄な費用がかかる→チョーキングを放置すると症状が悪化し、工事する頃には塗装だけでは改善しない可能性が出てくることもあります。修復工事と塗装工事で大きな金額が必要になってしまうことがあってもおかしくないでしょう。

チョーキングが起きてもすぐに大きなトラブルにはつながりませんが、そのまま放置してしまうとどんどん劣化は進んでしまいます。いつの間にか劣化が激しくなっている可能性もあります。気づいたら早めの段階で塗装工事を検討されることをお勧めします。