外壁材の1つにALC外壁という種類があります。最近では外壁材にはサイディングが主流ですがALCを外壁として選ばれる方もいらっしゃいます。ALCって何のことだ?と思われている方も多いと思いますので今回はALC外壁についてお話していきます。

ALC外壁とは・・・軽量気泡コンクリートといいコンクリートではありますが普通のコンクリートとは違い小さな気泡が沢山ある軽い素材となっています。イメージすると発泡スチロールのような感じですね。

扱いやすい外壁材ですがメリットとデメリットもあります。

<メリット>

地震などの揺れに強いALC外壁は軽量のため地震が来ても建物にかかる負荷が少なく耐震性があります。

外の気温を遮断夏の直射日光や冬の冷たい空気を室内に通すことなく夏は涼しく冬は暖かく過ごすことが出来ます。

防音効果があるトラックが通過したり騒音があっても防音してくれる効果があり快適に過ごせます。

<デメリット>

防水機能がない水分を吸収しやすいため防水工事などのメンテナンスは欠かせません。

高価格サイディングやモルタルと比べ高価な外壁材となっているため初期費用が高くなってしまいます。

ALC外壁を使った住宅はあまり見かけませんが、とても良い機能が備わった外壁材です。防水性がないので雨の日などに水を吸い込まない様、塗装工事で塗膜を作り外壁材を保護することが大切です。