外壁塗装は何の役目があるか知ってますか?外壁の色を変えて外観の雰囲気を変えるだけではありません。

では、他に何の役目があるのかお話ししていきます。

塗装をしなかったら

すぐに大きな被害はありませんが紫外線や雨風で徐々に家は劣化していきます。

木造住宅などは木の腐敗によって建物が脆くなったり雨漏りを起こしてしまいます。雨漏りを起こすと修繕工事費は塗装工事費より高くなってしまうケースもあります。そうなってくると未然にトラブルを防げる塗装工事がいいですよね。

塗装は屋根、壁に塗料の膜を張って劣化を防ぐ効果があります。また、防水もされるので雨漏りなどのトラブルも同時に防ぐことができます。

建物の状態を良くすることはできませんが外観も美しくし、劣化を止めて住宅の寿命を延ばす役割が塗装工事にはあります。

10年に一度塗り替えるという目安がありますが、住んでいる人が知識をつけて、補修するべきタイミングをみて最悪な状態を防いでいきましょう。

塗装の大切さをお伝えしましたが次回、塗装をするタイミングやどのように劣化の症状が出るのかをお伝えします。