外壁塗装の塗替えサイクルを長くするためには、高耐久塗料の選択と定期的なお手入れが重要です。

〇高耐久塗料の選択:

高耐久塗装は一般的に15年以上もつとされ、特にフッ素や無機系の塗料が注目されています。

【フッ素塗料

耐用年数15~20年。紫外線や酸性雨に強く、汚れがつきにくい特徴があります。硬い性質に注意が必要ですが、長い耐用年数で塗り替え回数を減らせます。

【無機塗料

耐用年数15~25年。セラミックなどの無機物を原料にした塗料で、紫外線による劣化が少なく、不燃性で苔や藻が発生しにくい特徴があります。長い耐久性が塗り替えサイクルを延ばします。

〇外壁の定期的な洗浄:

外壁や屋根は様々な汚れが付着しています。チリ・ホコリ、排気ガス、雨だれなどの汚れは外壁にとって悪影響を及ぼします。これらの汚れが放置されると、外壁の劣化が進みます。高圧洗浄を使用して外壁の汚れを取り除くことが重要です。これにより劣化の進行を防ぎ、塗り替えサイクルを延ばすことができます。

塗料の選択と外壁のお手入れは、外壁塗装の寿命に大きな影響を与えます。高耐久塗料の選択と汚れに対する定期的な対策は、外壁塗装をより長寿命に保つ秘訣です。建物の美しさと耐久性を長く維持するために、これらのポイントを押さえておきましょう。