皆さんはご自分の家をじっくりと見たことはありますか?もしかすると劣化現象がみられる可能性があります。今回は劣化を判断する方法をお話していきます。

色褪せ・・・

外壁の色あせは、日光が当たりにくい場所や北面、南面などで外壁を比較すると、色合いの差異や表面のゴワゴワ感が見られることがあります。建物の外壁は気象条件や紫外線の影響を受け、時間が経過するにつれて色あせが生じる可能性があります。この色あせは単に美観の問題だけでなく、塗膜の劣化や建物への悪影響を引き起こす可能性があります。

チョーキング・・・

チョーキング現象は、外壁に触れた際に手に粉が付着する状態を指します。外壁や他の塗装表面は、日光や風雨など自然の要因によって影響を受け、その結果、塗膜が粉状に変化し、白い粉が表面に現れる現象が生じます。この現象によって防水効果が損なわれ、塗装表面が劣化した状態になります。

カビ、藻の繁殖・・・

外壁を観察する際、一部分が汚れており、緑色や黒色に変色している場合、それはカビやコケが繁殖している兆候です。外壁に生じるカビやコケは、美観を損ねるだけでなく、建物の耐久性や健康にも有害な影響を及ぼす可能性があります。

ひび割れ・・・

外壁や窓のサッシ周辺に亀裂が見られる場合、それはひび割れが生じている状態です。これは建物が経年劣化したり外部からの影響を受けたりすることによって引き起こされる現象であり、これに早急に対処することが不可欠です。ひび割れをそのままにしておくと、雨水や湿気が建物内部に侵入し、建物全体の損傷や内部の損害を引き起こす可能性があります。

いくつか劣化症状をお伝えしましたが当てはまるものはありましたか?劣化を放置すると塗装だけでは状態を良くすることができず修復工事が必要になってくる恐れがあるので劣化現象が出ていたら早めの工事をおススメします。