塗装工事はどんな順序で行われているか気になられたことはありますでしょうか。大切な住まいを工事するためどの段階なのだろうと思う方も中にはいらっしゃると思います。今回は塗装工事の手順についてお話しします。

~工事の進行手順~

現場の検査と見積もり▶ 最初に施工対象の現場を詳細に調査し、外壁や屋根の状態、修理が必要な箇所、塗装が必要な面積などを確認し見積書を作成します。

工事挨拶▶ 施工予定の現場周辺に住む方々に工事の予定を通知するため事前に挨拶回りを行います。

足場の設置▶初日は足場組み立てから始めます。足場の設置は作業の効率向上や作業員の安全を確保するために必要な材料です。

高圧洗浄と下地処理▶ 高圧洗浄機を使用して外壁や屋根の汚れを取り除き、その後、下地処理によって残った細かい汚れやカビを取り扱います。これらは塗装の耐久性を確保するために欠かせません。

外壁塗装工事▶ 下塗り、中塗り、上塗りの3回の工程で外壁に塗装を施します。下塗りは密着性を高め中塗りと上塗りで耐候性を向上させることで、建物を紫外線や雨水から守ります。

屋根塗装工事▶ 外壁塗装工事と同様に屋根にも塗料を施し、建物全体を保護します。施工の進行状況によっては外壁塗装との順序が変わることがあります。

アフターケアと保証▶ 工事完了後保証書を作成し、お客様にお渡しします。保証期間は塗料や建物の状態に応じて異なりますが工事後のアフターケアのために設けます。

この手順に従って塗装工事が進められ、建物は新しい塗膜で守られます。以上が、一般的な施工の流れです。