外壁の塗装工事を行う際、できるだけ良い状態を長く維持したいものですよね。塗装工事を今後考えている方へ今回は塗膜が長持ちしやすいポイントをいくつかご紹介していきます。

*立地に合わせて塗料を使い分ける:建物がある環境などで劣化のスピードが変わってきます。気候条件や大気汚染などが酷い環境下では耐久年数が高いものを選ぶと長期外壁の健康を維持することが出来るでしょう。

*シーリングをメンテナンス:シーリングが劣化すると、サッシ周りが傷んで雨水が建物内に浸入する可能性があります。劣化が進行しても症状がわかりにくいため、シーリングは窓や外壁、屋根にも使われているため定期的な点検が大切です。

*優良な業者選び:外壁塗装の際、規定の塗布量や塗装回数を守らず手抜きをされると、後々塗膜の剥がれ・膨れを引き起こしてしまいます。これにより、次の塗替え時期が早まってしまう可能性があります。外壁塗装を長持ちさせるためには、価格だけでなく、丁寧で誠実な外壁塗装業者を選ぶことが大切です。

今回は住宅を長持ちさせる方法についてご紹介しました。住宅を長持ちさせたいと思う方がほとんどではないでしょうか。今回の内容を参考に塗装工事に役立てて外壁を長持ちさせましょう。